スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の書いた恥ずかしい歌詞を聞いてくれ

ここ1ヶ月で公開していないけど、いろんな曲をアホみたいに作ってる気がする。

そのうちの1曲がこれ。
なんかふと、「あー…なんかBL作りたいなぁ~┌(┌^o^)┐」って思ったので、勢いで曲作って歌詞を書いてみました。

作詞/作曲:阪神 総一


魔王×勇者モノを考えていたんですが、如何せんこういうジャンルは全くのド素人なので、
お作法がよく分かっておらず、twitterでいろんな方からアドバイスを頂いています。
今日も、アドバイスを頂いたので歌詞をもうちょっと練ろうと思います。

------------------------
鬼畜魔王と童貞勇者


膝を曲げて唇奪って
俺のモノになれ


窓から切り取った お前の何気ない毎日
花のように優しく 汚れの無い顔立ちが消えねぇ

下弦の月明かり 締め付ける胸の痛み
抑えきれない禁断の鎖ちぎる

細い身体そっと手を這わせて
誰も知らない楽園(Heaven)へと
薔薇の戦場 目をそらせさねぇ
お前は俺の


十六夜(いざよい)に現れた 小さな剣(つるぎ)を握る勇者
世界よりもお前の守り抜いてきたモノを奪えと

壁に追い詰めて 震えてる肩を掴み
俯いた顔を引き寄せて 覚悟いいか?

膝を曲げて唇奪って
耳の側でそっと攻める
誰の指図 そんなもんはいらねぇ
もう離さない


細い身体そっと手を這わせて
梳いた髪を伝い香る
薔薇の戦場 目をそらせさねぇ
もっと深く

閉じた扉ふっと見せる隙が
俺の鍵で開けてやる
薔薇の花は水面に舞い散る
全て受けろ
------------------------
スポンサーサイト

テーマ : なにこれ
ジャンル : サブカル

弦楽器対決! Garritan Personal Orchestra 4.0 VS Fantom-XR





僕が大学入学した頃から使っていたFantom-XRを未だに使っていますが、
さすがに今後本格的に活動していく上でそれはまずいでしょ…と思い、
少しずついい音源を買い足していこうと思いました。

今回買ったのは、オーケストラ系の音源 Garritan Personal Orchestra 4.0
特に自分が欲しかったのは弦楽器。
価格が20,000円程度と割と安価な一方で他にも高価で凄い本格的な音源(20万以上!)はいっぱいあったんですが、
ボーカル曲と混ぜる事を考えると、「ハリウッド的な空気はいらねーだろ。どう考えても」となり、
安価な方を買いました。

オーケストラの雰囲気って、楽器の音質もそうですけどReverb(ホールの響き方)の使い方も大事ですよね。
ミックスする時はミキサー卓で使うReverbじゃなくて、
音源の中に入っているものをそのまま使ってあげたほうがそれっぽい感じになっていいです。
普段他の楽器は、シンセのReverbはOFFにして録音するんです。


ちょっと、Fantom-XRとGarritanのStringsを比べてみましょう。
ということで今回作った楽曲を聴き比べてみましょう。
前後でミックス前、仮ミックス後の音源になっていて一概に比べられないのですが、参考までに。
ソフトシンセの性能の方が高いので、楽器を差し替えた後の楽曲全体の変更が結構ありますが、
それを抜きにしてもなかなかいい性能が出ていると思います。

こちらがFantom-XRのStrings。


こちらが、GarritanのStrings。

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

曲の大枠作り:3時間 調整:6時間 → 合計:9時間

3時間の制限時間を設けて制作した楽曲の細かい調整が完了しました。
結局、9時間かかりました。調整している時間の方が長いね。

やってみて思ったのは、「時間制限を設けて作曲するのもアリ」ということです。
クオリティの面はおいておいて、いつもよりも時間内に仕上げることに対して物凄い集中力が出ます。
いやぁ~、正月1人で過ごして良かったね~←
集中するから、ご飯を食べることも忘れる。
家の人がいたら、みんな揃ってご飯を食べることになるから、必然的に作業が中断になるからねぇ…
家族みんな、親の実家に帰りましたよ!! ええ!!
コミケ2日目の夜に僕だけ置いて出発して、3日目から僕は大人版ホーム・アローンですよ!
もう、はよ曲を作らんと! と思って、家で1人音楽制作合宿です。

完成がこちら↓。



そして、これが制作して6時間程のもの↓


これが、最初の3時間で作った大枠↓

テーマ : 歌ってみた
ジャンル : 音楽

3時間で作った曲を更に調整...

夕方頃作った、制作時間3時間の曲を更に調整しました。
まだ、調整が必要ですが、今日はここまで。



3時間で制作した段階のものはこちら。

テーマ : 作詞・作曲
ジャンル : 音楽

3時間で曲を作ってみた

最近モタモタ曲作りをしている傾向がある…、いや違うよ! いろんなパターンを試してるんだよ!
だから、いかに素早く作るかに焦点を当ててみました。
とりあえず、今回は3時間で曲を作るという試みをしてみました。



結論としては、ボーカル曲で3時間は不可能。
考えている時間がない。
結果として、どっかのパターンを繰り返し使ってるループサウンドみたいな感じになっちゃってる。
音色を入れきれてない。
頑張って間奏入れてみたけど。
あと、各セクションの繋ぎ目がかなりひどいことになってる。

これから調整していきます。

3時間は無理だったので、次は4時間を目標に。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

【ボーカル素材集収録曲】 In the deep forest

有料ボーカル素材集 VMwaveが夏発売予定だったのに、もう冬間近だし!
どうしよう! どうしようもないね!!
集団でものを作るって大変だね、めんどくせー!
なんだろう、1曲単位で募集かけて作ったほうが早い気がする。

さて、VMwaveの最後の曲が完成しました。唯一の英語歌詞の曲です。
あと、3拍子のリズムでいつもの僕らしくない曲です。

テーマ : おすすめ音楽♪
ジャンル : 音楽

ZAOLLA ZCSS 105/107 オーディオケーブルを買い換えた

ZAOLLA ZCSS 105/107
ZAOLLAっていうメーカーのZCSS 105とZCSS 107っていうオーディオケーブルを2本ずつ買った。
あ。写真の右上にある青い卵型のやつは蚊取り線香ね。

最近、UA-101(オーディオインターフェイス)とFantom-XR(シンセサイザー)、モニタースピーカーをつなぐケーブルの調子が悪くなってきている気がしたので、新しいオーディオケーブルに買い換えを決断。
んまー、これまでそこらへんの楽器屋や電気屋で売ってるオーディオケーブルを適当に買っていた僕だけど、
「長く使うことだし、お金も少しあるからいいものを買おう」と思って。

続きを読む

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

poetic acoutic guitarsのKeyCodeを入手した。

昨日、販売会社に問い合わせて、ライセンスキーの発行してもらい。
今回、そのライセンスキーを使ってメーカーのアクティベーションサポートにメールで申請する。
ユーザーID, ライセンスキー, ハードウェア指紋を記載して送信。

すると1時間程度で返信が来た。

「KeyCodeを渡すけど、その前に以下のことをやってくれますか?
・poetic acoutic guitarsを最新版に更新してください。
・PGR\Instruments\AGSRP-S2-2.hei を "AGSRP-S1-2.hei"に名前を変更してくれますか? そうしないと、時々音が鳴らなくなるから!

あと、今あげるKeyCodeは最新版更新後にハードウェア指紋が変更されたら変わるから、
そのときはまたメールしてね!」

なんだそれwwww
アップデータで名前の変更の対処してくれよww
と思いつつ、最新版にし、名前を変更。

すると、やはりハードウェア指紋が変わってしまった。
再度、メールで送信。

すると、また1時間もしないぐらいに返信が返ってきてKeyCodeをくれた。

とりあえず、ソフトは起動するようになった。
…だけど、なんかちょっと調子が悪い気がする…。
アップデートしたことによる不調かな…。(-_-;

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

ソフトウェア買ったらライセンスキーが入ってないって事例、他にどれくらいあるんだろう…?

poetic.jpg


ソフト買ったらライセンスキーがねぇってどういうことだーーー!!!!!

っていうお話。
いやマジで。

7月頃に買って、ちょっと忙しかったらインストールした後全く使わないでいて、
ようやく最近になって使い始めたら、起動時に「キーコードを入力してね!!」って出てきて。
インストールマニュアルを読んで、キーコードがどこにあるかを調べたんだけど、
どうやら、上の写真の製品、poetic acoustic guitarsっていう謎のアコギ音源は、
箱の中に入っているユーザーIDライセンスキー、そしてハードウェア指紋?の3つをアクティベーションサービスセンターにメールで送る必要があるみたい。
RealLPCっていうエレキギター音源と似たタイプのアクティベーション方法なんだけど、ここで大変なことに気づいて。







ライセンスキーが箱に入ってない。






いくら探しても見つからない。
箱の内側、DVDの盤面、ケース、説明書、全て見たけどない。








\(^o^)/









ど う い う こ と だ っ て ば よ …








もー必死で探した!
人間って不思議だね。もう無いって分かっているのに、同じ箱の中を10回は探すね。
9回目にフラグが立って、10回目には箱のなかにライセンスキーが入ってねぇよ! 入ってるわけないじゃん。
もう仕方がないから、販売会社にメールで問い合わせる。
このねー、販売会社が日本語に対応してないから、英語でメールを送らないといけないんだよね。。
Googleで"英語メール 書き方"で検索して、英語メールのフォーマットを調べて、
Weblioで英単語のチェックをして…

日本語で要約すると、
「おたくの製品買いましたよぉ! いやぁ!ライセンスキーが見当たらないんだけれど、ボクはどうすればいいですかね!?」
って感じで送った。

自分の英語、海外の人に伝わるかなぁ…と思って1日待つと返信が返ってきた。

「やあ。ライセンスキーが無いんだって?DVDの紙ケースの裏側見てごらんよ!そこにライセンスキーが書いててあるだろう?」


ねーから聞いてんだってwwwwww
ということで、

「メールありがとう! 調べたんだけど、やっぱないわwww 証拠に写真を送るね。ボクはどうすればライセンスキーを入手できるのかな?」

と上の写真を添付して返信。
文字だけだと、「おめー、ライセンスキーだけ欲しいだけだろ。やんねーよ!」って思われるから一応写真を送ったんだよね。


そしたら、やっと対応してくれて。
ライセンスキーゲットしやした!
今度、このライセンスキーをメーカーのアクティベーションサービスセンターに送る。


果たして無事アクティベーションすることできるのか…

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

celemony melodyne買った

melodyne.jpg
V-Vocalにむしゃくしゃしたので、買ったmelodyne エスセン。

エスセンって書いて久しぶりに思い出したわ。
「エスセン。お前は性学の恥なんやで。」っていう、もう5年ぐらい前かなー、
5年ぐらい前に見たテニスの王子様のミュージカルをにゃんちゅうの声でやってる動画を見た時のコメント。

あまりよくわかんないけど、これ何? という方に説明。

melodyneとは…
celemony社が開発したピッチ・タイミング補正ツール。
4つのグレードに分かれていて、今回買ったこのessentialというグレードは一番安い。
このグレードではボーカルのような単音のみ、ピッチ・タイミング補正することが可能。
グレードが高くなると和音を1音ずつ補正することが可能で、例えばギターの弾き間違い、タイミング違いを
1音レベルで補正することができる、魔法のようなトゥールス!
例えば、あなたが見違えるような美しさの写真を見た友人が、「可愛い~! どうやって写ったの?」「Photoshop。」というの同様、あなたの見違えるような歌唱データを聞いた友人が「うまーい! どうやったらこんなに上手くなるの?」「melodyne。」と、まるで高級化粧品のように自慢できるのです。
"メロダイン"ってドラクエの呪文っぽいよね。メラとヒャダインを足した感じ。


音楽を制作するソフトの1つである、SONARの最上位のエディションには、V-Vocalって呼ばれる、
melodyneと同じ機能のソフトが同梱されているんだけれど、
こいつが、まーー特定の声に反応してくれないの!
これ、金田朋子さんが歌ったら、1音も反応しねーだろ! っていうぐらいそっちよりの声に反応してくれない。
あとサ行の音にも反応が悪い

melodyneなら、どんな声にも反応してくれることを期待しているのだけれど、結果は果たして…

余談なんですけど、このmelodyneはSONAR 8には対応していないようです。
SONAR 8はどこまで時代遅れになってるんだよww

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材
ジャンル : 音楽

プロフィール

阪神 総一

Author:阪神 総一
作編曲家/ミキシング/マスタリングエンジニア。
アニメ/ゲームのOP/ED/主題歌を主に製作しております。
楽曲製作/ミックスのご依頼はこちらから。
Trial & Error

ブログ内検索
フリーエリア
人気記事
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
アクセス
月別アーカイブ

2037年 11月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【2件】
2015年 03月 【4件】
2015年 02月 【1件】
2015年 01月 【2件】
2014年 12月 【8件】
2014年 11月 【14件】
2014年 10月 【6件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【27件】
2014年 06月 【18件】
2014年 05月 【13件】
2014年 04月 【11件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【16件】
2013年 12月 【71件】
2013年 11月 【25件】
2013年 10月 【15件】
2013年 09月 【21件】
2013年 08月 【12件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【10件】
2013年 05月 【2件】
2013年 04月 【38件】
2013年 03月 【15件】
2013年 02月 【18件】
2013年 01月 【34件】
2012年 12月 【10件】
2012年 11月 【9件】
2012年 10月 【22件】
2012年 09月 【18件】
2012年 08月 【14件】
2012年 07月 【17件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【6件】
2012年 04月 【3件】
2012年 03月 【2件】
2012年 02月 【3件】
2012年 01月 【1件】
2011年 12月 【1件】
2011年 11月 【2件】
2011年 10月 【12件】
2011年 09月 【15件】
2011年 08月 【12件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【11件】
2011年 05月 【13件】
2011年 04月 【4件】
2011年 03月 【12件】
2011年 02月 【15件】
2011年 01月 【7件】
2010年 12月 【24件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【8件】
2010年 09月 【3件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【7件】
2010年 06月 【2件】
2010年 04月 【4件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【3件】
2009年 12月 【2件】
2009年 11月 【10件】
2009年 10月 【6件】
2009年 09月 【5件】
2009年 08月 【6件】
2009年 07月 【5件】
2009年 06月 【8件】
2009年 05月 【4件】
2009年 04月 【5件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【6件】
2008年 12月 【5件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【6件】
2008年 08月 【8件】
2008年 07月 【9件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【2件】
2008年 03月 【5件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【13件】
2007年 10月 【5件】
2007年 09月 【1件】

Facebook
RSSフィード
RSSリーダーで購読する
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。